しいたけ占い

獅子座

7月23日〜8月22日生まれ

しいたけ.さんの顔

2024年上半期、獅子座は

「遊びの年が始まりました!

素敵なクソガキに戻って、

新しい人生の扉を

開いていっちゃうよ! 」

こんにちは。しいたけ.です。

毎年この時期は、「来年の上半期占いを書くまでは年を越せないぞ! 」の想いでいるのですが、今年もこうして無事に出せて嬉しいです。いつも楽しみに待っていてくださり、本当にありがとうございます。

2024年上半期は、もうですね、皆にとって「ハチャメチャな修羅場」は越えたと思います。

だから、どう「遊ぶ」か。どう、「こういうのをずっとやりたかった」の時間を取り戻していけるか。春には綺麗な景色に会いに行き、夏には燦燦(さんさん)と輝く太陽にたまに会いに行き、秋はおいしいものを食べに行き、冬は熱いラーメンなど。

自分なりの小さな幸せを大切にできる人は、周りの動きに負けません。

新年が明けるまで、あと少しの時間になりましたが、ゆっくりと読んでいただけたら嬉しいです。

しいたけ.

01

2024年上半期の運勢は?

獅子座の画像

楽しいって大事じゃない?

2024年上半期の獅子座は「楽しいって大事じゃない? 」を表す黄色が出ていました。

まずですね、今回、2024年上半期を占ってきたのですが、ほとんどすべての人にとって「2023年の体験」がものすごい重要性を持っていたのです。それだけ、2023年は多くの人にとって「価値観の大転換」になるぐらいに、色々なことが自分の中で変わっていきました。そして、この2024年は「私の2023年体験」をどう消化していくか、そして、そこで得たものをどう広げていくか、そういうことが強く問われているような気がします。

獅子座に関しても、2023年で感じてきた体験や考え方、価値観や自分なりの方針を「改めて、この2024年にどう広げていくか」の動きを活発にしていきそうなのです。

では、あなたが2023年で得た体験とは何であったのか。

それは

「あー、楽しかったー! 」

なのです。

これですね、もちろん、全部が楽しいことだけではなかったと思いますよ。めちゃくちゃなキツさを感じたこともあったと思うのです。でも、振り返ってみてほしいのですが、2023年のあなたは何かを意思して、何かを思い切って、「楽しさの体験を得ることに全振りした」みたいなことがあったと思うのです。

2024年上半期は、あなたはさらに「楽しいは大事。楽しいは価値。楽しいは未来」の方針のもと、「夏休みを待ち焦がれていた高校生」のような感じで、やってみたかった大事な遊びを実行していく。

あなたにとっての2024年上半期はどういう流れになるのか。一緒に見ていきましょう。

やることはやる! でも、
楽しむ時は楽しむ! 以上!

あなたが2023年に感じてきた、「楽しいって大事じゃない? 」は、大げさな話、あなたの今後の生き方や人生観にも深く影響を与えていくぐらいの大きなインパクトになっていきそうです。

ここはけっこう大事な箇所なので、色々と説明させてくださいね。もしよければ、お茶なんかも今、用意してみてください。

まず、あなたはここ数年間ぐらい、「私は何のために頑張るのか? 」について、深く考えてきたかも知れないのです。

  • 何のために頑張るのか?
  • 私は何になりたい?
  • 私はどういう着地点を目指す?

上の問い掛けに対して、「昔はハッキリと答えられていたものもあったけど、今の私は、答えられない問いも出てきている」と感じてきたかも知れません。あ、これは深刻に読まないでくださいね。「これらの問いに対して、昔よりもハッキリとした答えがわからなくなった」というのが、今の獅子座にとっては大事なことなのです。

それで、もうちょっと根本的な話についてもしたいのですが、そもそも、「頑張る」という行為は、獅子座の人生の価値観の中では「当たり前」に付き合ってきたものかも知れないのです。

「何のために頑張るのか? 」

それは、将来の自分が「自分にしかできないことをやるため」だったり、「周りにちゃんと自分の価値を認められるため」であったり、「自分にしか見られない景色を見るため」でもあったり。

そういう目的や目標があって、頑張る。でも、「頑張ること」は、必ず「今の自分や、今の時間の(何割かの)犠牲」を求めてくるものでもあったりするのです。

つまり、「頑張る」には、「将来のために、今を我慢する」成分が何割かは含まれたりしていて、そして、そういう行いは「美徳」ともされるし、「えらいね」と褒められることでもあります。

「将来のために、今の時間をちゃんと律して、自分を磨いていっている。えらいね」

と扱われるのです。

でも、今の時代は昔と比べて、「激動」になった部分も増えました。

そういう時代背景においては、自分の将来というものは、「これをやっておけばOK」みたいな、みんなと共通ルールの上にあるものではなくて、もっと「個人的な未来」になっていると思いませんか?

獅子座は自分の人生を生きながら、周りのことを見ています。そして、時代のことも見ています。だから、自分の幸せが「親世代の幸せ」などと異なることも感じてきているし、今、自分の中の様々な価値観を見直そうとしているのも事実なのです。

色々と話を広げ過ぎてしまいましたが、あなたが2023年に感じてきた「楽しい! 」は、それは「将来のためにやったこと」でも、「努力の末に手に入れたもの」でもなかったはずなのです。

そうではなくて、あなたが得てきた「楽しい! 」は、「私も楽しんで良くない? 」という思い切りや、勇気の先にあったもの。

よくわからない「将来」のために、よくわからない誰かからの「評価」のために、自分にとっての貴重な時間や労力のすべてを割いてまで、「頑張る」をやるのではなくて、「頑張ることの重要性」はちゃんと認知しつつも、「楽しい」や「今しかできない思い出」のためにもっと自分を振り切っても良いんじゃないか。「楽しいって、大事っすよ」と、2024年上半期のあなたは真顔で言っていくのです。

2024年上半期のあなたは「やることはやる! でも、楽しむ時は楽しむ! 以上! 」と、かなりシンプルだけど、力強い指針を持ち、今まで以上の爆走を見せようとしているのです。

外の世界へ!

2024年上半期の獅子座は大きく、「外の世界へ」という展望や願望を持っていきそうです。

この時期のあなたなのですが、特徴として「フットワークの軽さ」がものすごく出てきます。

不思議なのですが、獅子座は普段、戦略的に状況の分析もしていくし、「何をしたら上手くいくのか」など、方法論についてもちゃんと考えていきます。

でも、この2024年上半期のあなたは、良い意味でもっと「軽い」のです。だから、あなた自身が「試しにやってみた! 」とトライしたことが、次から次へとヒットしていったり、「思考の方ではなくて、直感的にやったから上手くいった」と感じていくようなことも増えていったりします。

なぜ、「フットワークを軽くして、動いていくことが上手くいきやすいか? 」の理由なのですが、これもやはり、あなたなりの2023年の体験や決定が活きているのだと思います。

2023年において、あなたは少し「周りからの評価」から距離を取ったところがあります。

獅子座は自分の意思を持っています。そして、自分のやり方も持っています。そのやり方に安住せずに、自分を成長させていく謙虚さも持っています。でも、意外と「周りからの評価」を気にしてしまう自分もいます。「こういうことをやったら変に思われるんじゃないか」など。

評価が怖いわけではなくなったけど、どうせ動くなら、どうせ生きるなら、「もっと面白さのレベルが合う人と、そして、もっと美しいものを知って、色々な世界を見てきた人から評価されたい」と願ってきているのです。「その世界の中でしか、物事を知らない。そして、自分が見てきた世界の中だけで、容易に善か悪か、そして、合っているか間違っているかを決めつける世界」に対して、かなりの窮屈さを感じてしまった。「もっと世界は驚きに満ちていて、面白いよ」という事実を、自分自身にも体験させていきたい。あなた自身も「この世界の中でしか物事を知らない」からこそ、もっと「未知が起こる外」に行きたくなったのです。

2024年上半期のあなたは、「思いきり」がかなり大きな躍進の鍵となっていきます。

もちろん、仕事もプライベートも「一気に全部を変えちゃう」のではなくて、段階的に進めていくことは多くなるのですが、あなた自身の専門領域や得意分野を決めつけ過ぎず、「お試し」という形で「外への縁」を大切にしていってくださいね。

素敵なクソガキになっていく。

言い過ぎに聞こえるかも知れませんが、獅子座には「全人類がお世話になっているところ」があると思うのです。どういうことなのかというと、獅子座は「本当は端っこで自分のことをやっている時間が好きなのに、まとめ役などがいないから、仕方なく真ん中に出てきている」部分があったりします。友達の誰かが「ケーキパーティーやりたい」と言って、獅子座であるあなたが「いいよ、手伝うよ」と言ったら、友達が全然イチゴとかスポンジを用意していなくて、仕方なくあなたが業者に向かって手配するとか、そのような体験を、獅子座なら何度もやっていたりします。

あなたは人生において、「え、ちょっと待って! 誰もこの役をやらないの? 誰かがやらないと、進行しないし、帰れないよ! 」と言って、みんなのことを見て、自分の役割を受け持っていくことが多くあったりします。「助っ人」とか「仮の役」としてやったことが、いつの間にか、周りに認められる「本業」みたいになっていくことが多いのです。

それと同時に、「絶対にこれだけは譲れない! 私は自分の人生を賭けて、この役割をやらなければ気が済まない! 」と言って、勝ち取っていくポジションもあります。

誰かがやらなければいけないこと。そして、自分でやっていきたいこと。

この二つに追われていく獅子座は、どうしてもその人生が忙しくなってしまったりもしますよね。

でも、ここ最近のあなたを見ていると、「はい、嫌ですー! 」と言ったり、「はい、多少は順番を乱したとしても、私も楽しみまーす! 」と言ってワガママになる、素敵なクソガキ成分がちゃんと出てきているのです。

大きな声では言えないのですが、この2024年上半期は、ちょっとだけ不謹慎に楽しんじゃう気持ちも持ってみて。「わー! 誰もこの場面をまとめる人がいない。どんどん空気が悪くなっていく。キャッキャッキャ! 」とか、あなたが見つけた「他人や組織の穴」を、あなたが埋めなくても大丈夫です。誰かに感謝をされたり、誰かに喜ばれたりする時間も多く持ち過ぎないで大丈夫。

あなた自身に、「待たせたね」と言ってあげてください。

2024年上半期は、あなたが楽しむ番だから。他人のお世話ではなくて、あなたが体験したいことをやっていく番だから。

18歳の頃の気持ちを忘れないで。毎日はできなくても良いから、あの頃にやってみたかったことや止められてきたことを、大人になったあなたが「叶えてあげる」のも素敵です。その機会が、けっこうあったりするから。

素敵な思い出をたくさん作っていってくださいね!

02

仕事運はどうなる?

仕事中の獅子座の画像

チャンスは逃さねー。

2024年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「チャンスは逃さねー」です。

2024年上半期の獅子座は、仕事面においてかなり大きな「チャンスの登り坂」を上っていくイメージがあります。まず、世の中には「チャンスをつかんでいく人」が存在しまして、その人達が何をやっているのかというと、「小さな信用の積み重ねと、自分のパフォーマンスの振り返り」なのです。たとえ、他人にはバレなかった低調さも、自分ではチェックして、「少し体調管理の仕方が甘かった」など、改善案を出す。そのような「積み重ね」を獅子座もやってきていて、あと、これもここまでお伝えしてきた大きな特徴でもあるのですが、ここ数年間の獅子座は「外へ! 」の意識がすごく強くなっているのです。

「限られた身内の人に認められたり、小さな世界での序列を競い合ったりするのではなくて、もっと色々な人や、色々な価値観に出合ってみたい」と、「仕事をしていく時間も、自分の人生にとって大切な時間だから」と、もう少し「欲深くありたい」と感じてきています。

「このやり方を続けると、もっと多くの人に喜んでもらえる」など、色々な手応えの予感も出てくる時なので、是非、自分を省みながら続けていってください。

「チャンス期」において大事なのは、「次でいいや」を言わないことなのです。もちろん、完璧にそのルールを守り抜くことは難しいこともありますが、準備が整っていなかったとしても、多少の恥をかいたとしても、「私、やりたいです! 」と、自分のプライドの保守よりも、体験できることと、成長できることを大事にする。

もちろん、一年間毎日頑張っていたら倒れてしまうので調整はしていってほしいのですが、「チャンスは逃さねー」の気持ちは大切になりますよ。

03

恋愛運はどうなる?

恋愛中の獅子座の画像

興味の鍵を持ちて、
他人の懐に入らん!

2024年上半期の恋愛面及び人間関係でのあなたのテーマは「興味の鍵を持ちて、他人の懐に入らん! 」です。

この2024年上半期の獅子座は恋愛面や人間関係において、「他人には他人のテリトリーがあり、そして、生活がある。その中にどうやって入っていったら良いんだろうな」と感じる機会が多くなっていったりもしそうです。元々獅子座は自分や、他人に対する「自主独立性」を重んじる性質が強くあったりもするから。

ただ、この2024年上半期は「他人のテリトリーの中にどうやって入るのか? 」の課題に対して、正面から向き合っていくような流れが出てきそうです。

そのためのアドバイスになるのですが、あなたが毎日の生活をしていく中で、「恋愛感情とは別に、なんとなく気になっている人」の存在を複数人思い浮かべてみてください。「なんとなく、いつも通っている美容室のアシスタントの子、働き者だよな」とか、なんとなくの好感を持っている人ですね。

その人達に対する感想を、箇条書きみたいな形で書いてみたりしてみてほしいのです。「なんで私が彼及び彼女のことを、なんとなく気になるのか」。そこには「今の人生で向き合っている悩みや成長のフェイズが一緒」など、色々な理由が浮かび上がってきます。

ともすれば、獅子座は「人間関係」よりも、人生において追求したい関心や修行の方に引き寄せられ過ぎちゃうことがあります。今期、余裕がある範囲で大丈夫なので、「なんで私はこの人達に関心を持っているのだろう? 」と興味の鍵を持ってみて。興味の鍵があると、相手に話しかけたりした時にですね、打ち解け合いやすくなってもいくから。やってみて。

1月

January

獅子座のイラスト

新年の目標。

めっちゃ楽しむ!

「新年の目標。めっちゃ楽しむ! 」の金色が出ていました。変な話をしたいのですが、獅子座を動かす原動力のひとつに、“怒り”があったりするのです。そして、1月はお正月などもあり、どうしても自分にとっての「旧世代の感覚」に触れやすい時でもあります。この時期のあなたに言いたいのは、「その考え、だせーな」と感じることがあっても大丈夫。怒りを覚えても大丈夫。でも、2024年のあなたはもうちょっと「軽い自分」でいられますよ。怒りは大事な友のひとりでもあるけど、この1月も含めて、もっとキラキラして、もっと楽しくて、もっと感動するものにいっぱい触れていきたいと願って、是非やっていってみて。新年の目標として「今年はめっちゃ楽しむ! 」と誓いも立てちゃって! あなたは大丈夫だから!

2月

February

獅子座のイラスト

引力強し。

「引力強し」のシルバーが出ていました。2月はあなたの周辺で「大きな二つの力が駆け引きし合う」流れがありました。まず、これは2024年上半期全体の願いでもあるのですが、あなたはこの2月も「フットワーク軽く、どこか旅行などにも行きたい! 」と、前からやってみたかったことを実行する時でもあります。でも同時に、この時期のあなたは「周りから要請されること」や「緊急で頼まれること」などの、そういう引力もけっこう強いのです。ですから、「私の邪魔すんな」とカッカしてしまう時もあるかも知れないけど、「やりたいことと、求められること。両方を大切にする」の感覚は持ってやってみて。あと、この時期もそうなのですが、2024年上半期は「全部を頑張る」のではなくて、「どの分野を、自分が成長させたいか」をとらえておくことも大事になりそうですよ。

3月

March

獅子座のイラスト

展開が早いけど、

私の集中力の前では

たいしたことないの。

「展開が早いけど、私の集中力の前ではたいしたことないの」の紫が出ていました。タイトルにもあるように、この3月はあなたの中で「展開の早さ」をすごく感じていきます。「もうちょっとこの分野をじっくりと、納得いくまで極めたかった! 」と思うことがあったりもするのですが、運勢からも、周りからも「次に舞台を移そう! 」と提案されていったりしやすいのです。ただ、変に責任感や重圧を背負うのではなくて、「私の集中力を舐めるな精神」だけ用意してくださいね。周りからの評価ではなくて、「私はこの時間を集中する。その積み重ね! 」と、目線はかなりの至近距離に置いていった方が良さそうです。あなたのような素敵な人でも「目の前の展開に慣れていく」のに戸惑ってしまうこともあったりします。だから、焦らないでやっていくこと。

4月

April

獅子座のイラスト

好きになっていく場所や

人を増やしていく。

「好きになっていく場所や人を増やしていく」のピンクが出ていました。やはり2024年上半期の獅子座の展開は早いです。ひとつの場所やひとつの経験に慣れて、「ここからだ! 」と思ったら、この4月も「じゃあ、新しい環境を用意するね」と運命から告げられていく感じがあるのです。だからこそ、この時期のあなたは「新しい環境の前で緊張する初心者の役」を演じ切ってください。目の前の人に対して「この人とは気が合うかな」とドキドキしたり、得意なことを求められたりしたら、「あ、それ私できます! 」と挙手したり。そういう新鮮な日々が待っていそうです。慣れるまで少しだけバタバタしてしまいますが、慣れたら、今まで以上に「この新しい環境も、私は好き」と言えるようになっていきます。やはりここでも「慣れることを焦らない」とか「一日一日を着実に歩んでいく」などの姿勢が大事になりそうですよ。

5月

May

獅子座のイラスト

不慣れと苦手が幸運の鍵。

「不慣れと苦手が幸運の鍵」のネイビーが出ていました。5月の獅子座はプライベートの方面においても、お仕事などの面においても、「前から決めてきた、私の未来計画」を実行していく段階にあります。あなたの中で、「こっちを真剣にやったら、今度はこちらの方向で思いきり遊ぶ! 」など、バランスを意識して、全方向に爆走していくイメージがあります。少し疲れも溜まりそうですが、最高の思い出を増やしていくこともできそうですよ。また、この5月はあなたにとって「新しい種類の幸運の扉」が開きそうで、そのための鍵となるのが「不慣れ」と「苦手」なのです。「こういう場面の私はちょっとぎこちなくなってしまって、スムーズにいかないんだよな」と感じることをやっていった方が、思わぬご褒美も得られそうなので、「はい、苦手! やらない! 」とは思わずに、少しだけ粘ってみてくださいね。

6月

JuneLucky

獅子座のイラスト

★やっちゃうよ! 伸(の)るか

反(そ)るかの大冒険。

「やっちゃうよ! 伸(の)るか反(そ)るかの大冒険」の赤が出ていました。2024年上半期の獅子座は「片時も忘れることがない、自分だけの大切な目標や楽しみ」があったりするのです。そして、この6月はあなたにとって「今まで思い描いてきたことを実行する! やってみなければわからないことは、やってみる! 」と、大きくジャンプをしていく時なのです。周りから認められたり、評価されたりしていく動きもあるのですが、この時期のあなたはもっと大きな風に乗っていくような時でもあります。あなたは、着実な計画を立て、慎重にやっていくこともできる人です。でも、6月は「やってみなければわからん。自分を信じよう。そして、ともかく、この瞬間にしか味わえない体験を大事にしたい! 」という気持ちの方を優先していって!

05

しいたけ.から
魔法のメッセージ

今回、獅子座のことを色々と占ってきたのですが、あなたはこの2024年上半期、「30点から60点の幸せ」を大切にしていくことも大事になりそうです。どういうことなのかというと、獅子座は普段、「70点から100点の幸せ作り人」でもあったりします。つまり、今の自分や周りが手掛けていることを、準備から特訓までちゃんとやり切って、最後のグランドフィナーレを迎えるために突っ走る。「あー、すごかった! 楽しかったね! 」と言えるのが、70点から100点の幸せです。そう、豪華なのです。でも、2024年上半期のあなたは、友達と急遽開いた「深夜までバカなことを言い合いましょうの会」とかで、お菓子をムチャムチャ食べながら、良い意味で「ハードルの低い幸せの時間」をちゃんと大切にしていけそうなのです。

2024年上半期は、両方の幸せを味わっていってください。もう少しだけ気楽に、試しにやっていってしまうことを増やしていく。「私が楽しければそれでOK」の世界こそが、あなたに「奇跡」をもたらしていってくれるから。

手を抜くところは手を抜いて、知らんぷりもいっぱいしちゃいましょう。素敵なクソガキスマイルを持って、バカみたいなことをちゃんとして、ケタケタケタと笑っていく。そんなあなたも素敵なんだから。

twitterにシェアするlineにシェアするfacebookにシェアする